食べる前の口の運動

食べる

食事をする前に次のような運動をすると、楽に飲み込めるようになります。
出来る運動を少しづつでも習慣的に行うようにするとよいです。介護者が付き添っている場合は、声をかけたり、数を一緒に数えたりしながら行いましょう。


食事の前の口の7つの運動

息をゆっくり吐きましょう

息を吐くイラストまず、おなかに手を当てます。
おなかをへこませながら、ゆっくりと息を吐き出します。
息を吸うのは鼻から、はくのは口からです。
吸うことよりも吐くことを意識すれば、息を吸い込みやすくなります。


舌を上あごにつける練習

舌をあごにつけるイラスト歯をかみ合わせてから、舌を上あごに3秒ほど押し付けます。
これを5セット行います。


大きな声で発音してみましょう

大きな声で発音のイラスト口を大きく開きます。
「あー」「いー」「ぱー」をハッキリと数回繰り返して発音します。


あごを動かしましょう

あごを動かすのイラスト軽く口を開けて、下あごをゆっくりと左右に動かします。


舌で唇をなめましょう

イーといっている人のイラストまず最初に上唇、そして次に下唇を交互に数回なめましょう。
次に左右の口端も数回なめます。


舌でほっぺたを膨らませましょう

イーといっている人のイラスト左右の頬を内側から舌の先で押して、ほっぺたを膨らませましょう。


せき払いをしてみましょう

イーといっている人のイラストまず口を閉じてから鼻から大きく息を吸います。
口を閉じたまま喉に力を入れて、お腹から息を吐き出すようにしてせき払いをします。
これは、のどに食べ物が詰まったときに吐き出す練習です。

食べる 関連する記事
スポンサーリンク


介護リフォーム 手すり付けのイメージ
介護用リフォーム会社探しに「リショップナビ」